2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふくしま総文の位置づけ

3・11以降、全てが変わりました。悪い意味でも、良い意味でも。

東北地方を中心に起こった大震災は戦後最大の甚大な被害となりました。また、福島県は原発事故という見通しの立たない災害に見舞われました。

そんな中、ふくしま総文の開催が実行委員長の佐藤知事から発表されたあの日、私は今でもその感銘を忘れません。
聞いた話ではネット上ではふくしま総文開催反対の書き込みがあったようですが、福島県の復興の後押しとなるように大会を見守っていただきたい、というのが全国の皆様へのお願いであります。

ふくしま総文の位置づけは震災後、明らかに何か大切なものを持ちました。直接福島県にお越しいただけない方でもメディア等で感じていただきたいです。また、本大会に参加する全国の高校生をはじめ関係者の方々、そして高総文祭推進室の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

がんばろう!ふくしま総文!

(広報デザイン委員会 田村優介)

テーマ:福島県 - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://egaoninarufukushima.blog137.fc2.com/tb.php/40-ce47f5a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ふくしま総文

第35回全国高等学校総合文化祭(ふくしま総文)は平成23年8月3日~7日に福島県内各地で開催します。

公式ホームページ

動画配信中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
事務局から (4)
総合開会式 (3)
広報デザイン (5)
総務 (3)
パレード (7)
記録編集 (3)
国際交流 (4)
弁論部門 (0)
小倉百人一首かるた (1)
器楽・管弦楽 (1)
弁論 (1)
特別支援学校 (1)
新聞 (1)
吹奏楽 (1)
書道 (1)
日本音楽 (1)
吟詠剣詩舞 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。