2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年しかできない「ふくしま総文」

 二年生になった私は、日本音楽部門生徒実行委員長という大役をまかされました。

 初めての仕事はみやざき総文の視察。会場内やリハーサルの様子を見て回る間に多くの高校生が「みやざき総文」という一つの目標に向かって協力しあい、全員の心が一つになっているのがわかりました。
本番の二日間は、スタッフ全員が笑顔で最高の舞台を作り上げていて会場は感動に包まれていました。
本番が終わり会場を出る時、みやざき総文の生徒実行委員長の方が「来年がんばってください」と言ってくれました。
私はその言葉とその時感じた決意を胸に全員と力を合わせふくしま総文に向けて準備を進めてきました。

 しかし、3月11日に起きた東日本大震災により私たちの時間はとまってしまいました。原子力発電所の事故の問題もあり、総文祭が開催されるか毎日不安でした。それから二カ月が経ち、やっと福島県の合同練習もできるようになりました。
ブランクがあったにもかかわらず震災前と同じように演奏することができました。それは全員のふくしま総文に対する気持ちが同じだったからだと思います。
ですが、メンバーが4人欠けてしまいました。原町高校の生徒は、避難先でのサテライト校に通っており、部活動ができる状態ではないのです。今まで一緒に練習してきた仲間としてとても辛いことでした。でも原町高校のメンバーは、もっともっと辛く悔しく不安な日々を過ごしているはずです。だからこそ、私たちは原町高校のメンバーの分も、開催がかなわなかった部門の皆さんの分も、私たちにしかできない、今年しかできない「ふくしま総文」を作り上げたいと思います。

(日本音楽生徒部会部会長 安藤冴香)
スポンサーサイト

テーマ:福島県 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

ふくしま総文

第35回全国高等学校総合文化祭(ふくしま総文)は平成23年8月3日~7日に福島県内各地で開催します。

公式ホームページ

動画配信中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
事務局から (4)
総合開会式 (3)
広報デザイン (5)
総務 (3)
パレード (7)
記録編集 (3)
国際交流 (4)
弁論部門 (0)
小倉百人一首かるた (1)
器楽・管弦楽 (1)
弁論 (1)
特別支援学校 (1)
新聞 (1)
吹奏楽 (1)
書道 (1)
日本音楽 (1)
吟詠剣詩舞 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。